ウネリ


今回の殺陣教室は胴斬りを主にやりましたが最初は体の連動性が少し難しいかもしれません。

実戦で考えると構えからノーモーションで刀を振ったほうがいいのですが、芝居として見せるにはできるだけ大きくわかりやすく更に力強さやスピードも見せたいですので独特な振り方になります。

古武道では良くないとされるタメやうねり、ひねりをあえて使い、体の下のほうからうねりがきて最後に腕、刀の順に力が伝わります。

ムチのイメージです。

武術的に考えると、ムチ先のスピードは非常に速いのですがトップスピードになるまでに時間がかかってしまいますのでトップスピードになる前に対処してしまえばいいのです。

殺陣の場合は実際に戦うわけではないのでトップスピードや威力、見た目等を考えてうねりを使います。

下からの沸き上がる力がだんだん大きくなって最後に刀を振りますので、上手く体を繋げられないと力が半減してしまいます。

最初はこの繋げ方が難しいかもしれませんが意識して何度も振っていると自然に繋がってくると思います。

gold castle 殺陣&剣術スクール

http://www.tate-ken.com/

コメントをする

内容をご確認の上、投稿してください。


*