カマキリ


稽古前に的を付けているとカマキリを発見。

ここにいると飛んできた矢に刺さってしまうので別の場所に移そうとしたが、いざ捕まえようとすると手が前に出ない。

子供の頃は平気で捕まえていたが、大人になって久し振りに捕まえようとすると何か怖い。カマを持ってるし。

これは見て見ぬふりをするしかないとスルーしたら、一緒にいた女の人が「あ、カマキリだ。」とすぐに手を伸ばして捕まえた。

この人凄いなと思いながら、もしかして私がスルーしたのがバレたんじゃないかと焦った。

そんなことがバレたらカマキリも捕まえられない臆病者と思われてしまう。

それがSNSで拡散されたら大変なことになってしまう。

刀の使い方を教えても「カマが怖いくせに」と言われてしまう。

怖くても震える足を一歩前に出すんだ!と子供に言っても「カマキリに手も足も出せなかったくせに」と言われてしまう。

そんな心配をしながら彼女を見ると、カマを振りかざしたカマキリに「怒ってる 怒ってる」と笑っている。

良かった、バレてない。
神様ありがとう。

私は平気そうな顔をして
ここにいると危ないから外に出そうかと言ったが、「はい」とカマキリを渡されたらどうしようとドキドキしていた。

私の心配をよそに彼女はそのままカマキリを安全な場所に避難させてくれた。

助かった。

私もカマキリも。

神様ありがとう。

体験・見学のお申し込みはこちら

コメントをする

内容をご確認の上、投稿してください。


*