ストレッチ2


先週、ストレッチをしても柔らかくならないという質問を受けてストレッチについて色々書きましたが、
今週は、ストレッチをするときに反動をつけない方がいいのですか?という質問を受けました。

反動をつけて筋肉を伸ばすと、筋肉がこれ以上伸びると危ないという危険信号をだして収縮させようとします。
なので反動はつけずにゆっくりと時間をかけて伸ばしていった方がいいです。

いいのですけど、ただ硬い人ってその体勢を取るだけでも辛いしゆっくり伸ばすことができないので、硬いうちは反動をつけて伸ばしていった方がいいです。

ストレッチについて一般的に言われていることはある程度柔らかい前提があるように思われます。

そこまでの体になってない人も多く、そんな人たち向けの教えがあまり無いように思います。

本日の技 シッティングガードからの綱引きスイープ。

20190514_221007

体験・見学のお申し込みはこちら

コメントをする

内容をご確認の上、投稿してください。


*