スローを速く


毎回相手と向き合って基本稽古をおこなっておりますが、一生懸命やりすぎる人が多いですね。

勿論一生懸命やるのは良いことなのですが、最初からガンガンやるよりは最初は技の理屈や形を考えながらゆっくり行った方が結果的に高い技術が身に付きます。

全部自分のペースで動くのではなくて相手の動きと気持ちを探ることをやっていると立ち回りに繋がりますし、実戦の稽古にもなります。

20160703_125312

20160703_191758

体験・見学のお申し込みはこちら

コメントをする

内容をご確認の上、投稿してください。


*