ドンマイ


街でも駅でも知らない人によく道を尋ねられると何度か書いているが、
今日は、知らない人に聞いてないのに教えられるという体験をした。

体育館の帰りに近くの店に食事に行って、その帰りに体育館裏の駐輪場向かってにスマホを見ながら歩いていると、突然

「体育館ですか?」

と声をかけられた。

一瞬意味が分からなかったので

「えっ?」

と言うと

「体育館に行くんですか?」

と言われて、やっと意味が分かった。

袴を履いた人がスマホを見ながら体育館裏を歩いているので、スマホの地図アプリを見ながらちょっと迷っている人に見えたようだ。

行った帰りなのだが、せっかくなので

「はい」

と答えると、

「体育館の入り口は真っ直ぐ行って左に曲がったところですよ。」

と教えてくれた。

真っ直ぐ行くとすぐ駐輪場なのだが、スルーして、左に曲がって体育館の入り口に向かった。

入り口まで来てどうしようか迷ったが、振り返るとさっきの人が私を見守ってくれてたので、入るしかなくなった。

オーバーリアクションで礼をして中に入った。

入ったもののすることがない。

スタッフの方に「こんにちは」と言われて
私も「こんにちは」と言い返した。

(あれっさっき出て行ったはずだが、どうかしたのだろうか?)

と言う顔をされたので、

私も(ちょっとね)という顔をした。

やっぱりすることがないので、とりあえず手を消毒した。体温も計った。

その後もすることがないので、とりあえずトイレに行ってみた。

やっぱりすることがないので、とりあえずスマホを1分見て、トイレを出た。

そのまま体育館を出た。

トイレを借りに戻ってきた人に思われたと思う。

まあとりあえず良かった。

そんな親切の失敗もあることもあるが、そんなことは気にせず、お年寄りや辛そうな人がいたら、すぐ座りますか?と声をかけた方がいいと思う。

他人に親切にしている人は幸福度が高く、心身も健康になっているという研究結果が出ています。

体験・見学のお申し込みはこちら

コメントをする

内容をご確認の上、投稿してください。


*