ラフテー丼


朝から殺陣の打合せ。

打ち合せが終わったところでお昼一緒にどうですか?と誘われたので三人で食事をすることになりました。

「いいお店があるんです!」と言うので行ってみると普通の食堂でした。

普通の食堂だが、やけに二人のテンションが高くなっているのでよほど美味しいお店なんだなと思っているとメニューを見たとたん意味が分かりました。

なんとメニューにラフテー丼というのがあるのです。

私がラフテー丼に驚いていると二人は思った通りという感じで顔を見合わせています。

他に沖縄の料理があるわけではなく、ラフテー丼だけがあるのです。

ラフテーは沖縄でよく食べていましたが、ラフテー丼というのは食べたことがないですし、考えつかなかったですねと私も加わり三人でテンションが高くなっていました。

事務所で打ち合わせではなく、最初からこちらで打ち合わせしていたらあっという間に打ち解けて話もすぐに決まったのではないかと思いました。

ラフテー1つによってそれぐらい3人の距離が縮まるのが分かりました。

暫くすると店員さんが来まして、今日は何にしますか?
という感じからお二人はこの食堂の常連さんということが分かります。

「ラフテー丼1つ!」
「私もラフテー丼!」

二人がリズム良く答えると、店員さんも「はい、いつものね!」とリズム良く返します。

店に入った時からやけに店員さんの視線を感じるなと思っていたのですが、どうやらお二人は今度沖縄の人を連れてくると話していたようです。

店員さん「お客様は何にしますか?」

私「野菜炒めください。 ご飯大盛りで。」

三人「!・・・・・・・・・・?」

三人が綺麗な唖然とした顔をしています。

店員さん「野、野菜炒めですか?」

私「大盛りで。」

二人「ラフテーはあまり好きじゃないですか?」

私「好きなんですけど私あまりお肉を食べないんです。」

二人「そうですか・・・」

店員さん「野菜炒めですね・・・」

私「大盛りで。」

その後帰るまでずっと淀んだ空気になり、最初にここで打ち合わせをしていたらきっとこの話はうまくいかなかっただろうと思いました。

8c71383dd87a8fadf9846ff4a23ab6c4

コメントをする

内容をご確認の上、投稿してください。


*