両立


今日の殺陣教室は左肘の使い方の稽古。

主に胴斬りで試しましたが「決め」の時に肘を上げるか上げないかで体の働きや見た目の印象が全然変わってくるので面白い。

胴斬りなどの「決め」の時にロックされて手首を痛める人が多いのですが、左手をがっちり握らず刀の動きに合わせて滑らすようにすると手首に負担もかからず刀の軌道も大きくなります。

そして手首の代わりに左肘を上げてロックをかけます。

その感覚が生徒さんも体感できたようで良かったです。

肩の詰まりもなくなり両腕が長輪の形になりバレエの手の形に似て見た目も綺麗になります。

いかに気迫を出すかということも大事ですが観せるものですので同じくらい形も大事だと思います。

形はこちらで整えて、どんな魂を入れるかはそれぞれです。

やはり形と魂だと思います。

形を伝承する歌舞伎を観て感動するのは物凄い魂が入ってるからだと思います。

goldcastle 殺陣&剣術スクール

http://www.tate-ken.com/

体験・見学のお申し込みはこちら

コメントをする

内容をご確認の上、投稿してください。


*