共栄


生徒さんの弟さんで一歳の子がおりまして、空手の稽古をしている場所だとまだ分かりませんので稽古中もずっと動き回り、私が前で正拳突きをしていると股の間をくぐり笑いを誘ったりしています。

そのうち区別がつくようになりますのでそのままで大丈夫ですと言っていたのですが、その子が今月二歳になり、やっとなんとなく区別が付くようになったようで、休憩になるとわーっと出てきますが、稽古が始まったらじっとしてられるようになりました。

稽古中に小さい子が走り回っている空手道場なんてどこにもないと思いますが、小さい子も自分より小さい子が走り回っても気にせず自分の稽古に集中できるようになりましたし、皆で一家族と考え皆が成長できる大きな稽古場にしたいと思います。

 

2016-06-28 17.44.21

体験・見学のお申し込みはこちら

コメントをする

内容をご確認の上、投稿してください。


*