剣術ミニ知識 


剣術三大源流

剣術の流派には大きく三つの系統がありました。

一つ目は、愛洲移香が創始した陰流を源流とする系統です。
この陰流を学んだ上泉伊勢守が創始したのが新しい陰流という意味をもつ新陰流です。
そして上泉に試合を挑み敗れて弟子になった柳生宗厳は柳生家において新陰流を継承します。
文禄3年(1594)に徳川家康の要請によって剣の技を披露しました。
ここで新陰流の極意である無刀取りの技に感服した家康は、その場で宗厳に入門を申し入れます。
宗厳は高齢を理由にこの申し入れを断りますが、代わりに江戸において流派を引き継いだ五男の宗矩が徳川幕府成立後に将軍の剣術師範となります。

柳生新陰流と言われることも多いですが、正式名称は単に新陰流です。

二つ目は飯篠長威斎が創始した神道流を源流とするものです。
神道流は香取神宮とゆかりの深い流派です。
剣豪として名高い塚原卜伝は鹿島に伝わる剣を習い育ち、更に養子に行った先の養父から今度は神道流を習います。
塚原卜伝は神道流に鹿島に伝わる剣術を融合させて新たな流派を作りました。
これを新当流と言います。
この流派の流れは神道的な宗教色を持ちながら発展しました。

三つ目の系統は、中条兵庫頭長秀が創始した中条流を源流とするものです。
この系統を受け継ぐのが伊藤一刀斎が創始した一刀流です。
一刀斎の弟子に神子上典膳忠明がいました。
典膳は後に小野次郎衛門忠明と名乗って一刀流を継ぎます。
そして小野派一刀流として新陰流同様に幕府の剣術指南となります。
中条兵庫頭の中条流から伊藤一刀斎の一刀流、そして小野派一刀流へと流れる系統は、現代剣道の技術に最も影響を与えた流派です。

次回は幕末江戸三大道場予定。

体験・見学のお申し込みはこちら

コメントをする

内容をご確認の上、投稿してください。


*