剣術稽古。


殺陣のあとは大東流の稽古。

前半は体術稽古で後半は剣術稽古。

今ある殆どの流派が継承と普及の為に実戦とは離れた型稽古になっているのは当然ですし、私も特に不満を持つわけでもなく稽古をしてきましたが、ここは完全に昔からの技と考え方が受け継がれています。

武道的な考えはなく、勝つだけの動き方と考え方。
私は技術だけを身に付けようと思いますが。

振り方も体術の体の使い方と同じですが、剣術が元にあって体術の体の使い方が剣術の体の使い方と同じということです。

振り方を教えて頂くと他の流派と全く違います。

技術的なことを言うことはできませんが、軽く振っても重くなり明らかに今までと感触が違います。

その振り方で相手と刀を合わせたら数回で刀が折れてしまいました。

今まで殺陣と剣術の稽古でおもいっきり打ち合っても、ヒビが入ることは時々ありましたが折れたことはありませんでした。

しかも偶然なのかそれとも折れる時はそういうものなのか分かりませんが、斬ったように折れました。

生徒といえども自分の手は見せないという昔ながらのやり方でずっときてて長く稽古されてる方でも剣術を教えてもらうのは初めてのようで、色々な訳があって今月だけ剣術を教えることになったようですので本当に最高のタイミングです。

あと二回で絶対自分のものにする。

体験・見学のお申し込みはこちら

コメントをする

内容をご確認の上、投稿してください。


*