動きの技術


斬り上げの振り方を少し変更致しました。

ベストな形があってそこに持っていくためには最後に左の手首を滑らせることが必要になるのですが、立ち回りで早く動くときには少し難しいので手首を滑らせるのをやめて手首のロックがかかるところで止めるようにしようと思います。

ですので形も今までと変わりまして、刀の位置が低く前になります。

今までの形で問題なく立ち回りができる方はそのままの形でやっていきたいと思います。

いつものように抜刀納刀を行うと極めと脱力を上手く使い、いい納刀が生まれました。

極め、脱力、緩急、止め、呼吸、縦線。

katana

体験・見学のお申し込みはこちら

コメントをする

内容をご確認の上、投稿してください。


*