卒業


先日紹介しました中学生は、型では勝つことができませんでしたが組み手では銅メダルを取り、私としてはよくやったと思っているのですが、本人的には金メダルではなかったので全然満足いかないようです。

毎回メダルは取れますが金メダルが取れませんね。

金メダルを取るコツは「俺が負けるわけがない。」と思うことです。

これだけです。

区の大会が終わり、いよいよ1年のメインイベント、セントラル空手大会に向けて仕上げの段階になります。

毎年 年末に行われますが今年は少し遅く1月12日に決まりました。

「ちなみにその日は先生の誕生日です」と子供たちに伝えると例のごとく先生何歳?という話になる。

39歳と伝えると、え~39歳で結婚してないの?何で~? ということになる。

冷静に 「いい人が見つかったら結婚します。」と伝えると、どんな人がいいの~? という話になる。

「心の綺麗な人がいいです。」と答えると「芸能人で言うと誰~?」と聞かれ、私はニヤリとなった。

そのあと、私が「仲間由紀恵」と答え、相手が「それ顔でしょ!」と突っ込み、笑いが起きるという絶対のパターンを持っていた。

私はこの仲間由紀恵さんを10年使って、1度も外したことがない。

私は経験と実績から 完璧な間で「仲間由紀恵」と言い、突っ込みを待った。

・・・・・。

なかなか突っ込みがこない。

子供には突っ込みの文化がないのか。

しかし、この笑いは殺陣教室や柔術教室と同様 初心者でも分かりやすいコースとなっているので子供でも突っ込める筈なのだが。

しばらくの間のあと「仲間由紀恵って誰?」とまさかの質問が帰ってきた。

子供は仲間由紀恵を知らないのか!?

ごくせんに出てた人と言うと、「あ~何となく知ってるかも・・・」とまさかの気を使われてしまった。

「何となく」のうえに「かも」って 間違いなく知らない。

しかしこのまま無敗記録を途切れさせる訳にはいかないので 私は「ごくせんの主役だった美人な人」と自ら答えをいい、「それ顔が綺麗な人でしょ!」「自分で顔って言った!」という突っ込みを待ったが、まさかの「あとでお母さんに聞いてみるね」という 私を気遣った優しい言葉が帰ってきた。

もうこのネタから卒業しよう・・・。

そして仲間由紀恵さん結婚おめでとう。

コメントをする

内容をご確認の上、投稿してください。


*