弓稽古


連盟の審査を受ける方がいたので皆で審査の練習。

空手もそうだけど、皆がやり易いようになっていていいなと思う。

下の人が上の人に合わせるようにした方が本質が失われず本物が残っていくと思うので良いと思うが、そうすると継承する人が少なくなってきて困るか。

少し話はずれるが、ある合気道の年輩の指導員が別の教室に行って技をかけたら全くかからなかったのでショックを受けたようだ。

また一から稽古を始める方もいると思うが、その方は自分の教室から出なくなったようだ。

外に出ず自分の教室だけにいて自分の技は誰にでもかかると思って一生を終えた方が幸せだと思う。

そんな性格のほうが楽でいいと思う。

同じテーマ弓稽古の記事

弓稽古をもっとみる

コメントをする

内容をご確認の上、投稿してください。


*