弓稽古


左手の内と目附を細かく教えていただいた。

・取り掛けの時の握り位置を半分浅くする。

・矢つがえの時から作っとく。

・親指と中指は恋人通しだから最後まで離さない。

・取り掛けで円相を強くする。

・第三の目附を固定する。目附位置に合わせて体を確認する。

・右肘引き。

・引き分け 抑えすぎている。

・取り掛け弓真っ直ぐ。

・第三矢が下がっている。

体験・見学のお申し込みはこちら

同じテーマ弓稽古の記事

弓稽古をもっとみる

コメントをする

内容をご確認の上、投稿してください。


*