弓稽古


早く眼鏡がこないと全然見えない。

今までずっと眼鏡をかけていなかったのに数ヵ月眼鏡をかけたらもう眼鏡が手放せない。

自転車に乗っても怖くてゆっくりしか進めない。

走っている人に抜かれた。

弓は以前のように的に当たったときだけ音で分かる。
外れると何処にいったか分からない。

おかげで離れた瞬間当たるか当たらないか分かるようになった。

・左手の巻き込み

体験・見学のお申し込みはこちら

同じテーマ弓稽古の記事

弓稽古をもっとみる

コメントをする

内容をご確認の上、投稿してください。


*