押指


先生に「体が前傾になっていますよ。」と言われて確認すると大分前傾していた。

重心が前にかかりすぎて倒れそうなのを爪先で踏ん張って倒れないようにしている。

よくこれで引いていたなと思う。
ものすごく力んでいたと思う。

ちゃんと立つと土台を安定させながら楽に立てる。

とりかけたとき肩甲骨と腰をくっつけることは意識していたが、無意識にXで結んでいることにふと気が付いた。

そうすると身体が強く安定する。

そうすると手は安心して柔らかく自由に動くようになる。

48254597_480x480

・親指は第三のスタートから離れたあとまでずっと押し続ける。

体験・見学のお申し込みはこちら

同じテーマ弓稽古の記事

弓稽古をもっとみる

コメントをする

内容をご確認の上、投稿してください。


*