新始


再び子供空手教室を始めさせていただくことになりました。

子供空手教室は今の私を作ってくれたものだと思っておりますので再び始められることになり本当に嬉しく思います。

18歳で空手を始めてからは足りないものを手に入れるために柔術、ボクシング、相撲、古武道、総合格闘技ととにかく技術を求め、30代になると空手、柔術、殺陣の指導員をさせていただけるようになりましたが、一番大切な心の事はおいてけぼりでした。

大人に技術を教える分にはまだ良かったかもしれませんが子供に空手を教えることになった時に、私の強さは社会的に何の価値もないし、私は子供に武道を教えることはできないと思いました。

そういう気持ちを持ちながら始めたのですが子供たちは私の言ったことを何年も覚えていますし、一挙手一投足を真似しますし、私はこの子たちの人生に確実に影響を与えているというプレッシャーから子供たちの模範となるように、いい影響を与えられるように子供たちの前を離れても子供たちの目を気にして行動するように、考えるようになりました。

何かを判断する時、今でも子供たちがじぃーと私を見ている姿が頭をよぎりますし、本当に子供たちに成長させていただいたと思います。

武道とは何かということを考えることができ30代は学びの十年間でした。

40代に入った今は人間関係に必要なマナーや強さ、優しさ、誠実さは武道から学べると思っておりますので今度はしっかり子供たちに空手を教えていきたいと思います。

また私が30代になってから武道を考えるようになったように大人になってからでも武道に触れる人が増えてほしいと思います。

blog_import_56d5c78f1e2098

体験・見学のお申し込みはこちら

コメントをする

内容をご確認の上、投稿してください。


*