柔術教室


激しくスパーリングをやることよりも この教室では技を細かく身に付けることを考えています。

二十歳で柔術を始めた頃は力も気持ちも有り余っていたので技術がなくてもある程度勝つことができ、技も大雑把にかけても極まっていたのですが、体も大分細くなり、力もなくなりましたので出来るだけ細かく細かく 角度 重心 力の方向 5本の指の使い方、意識の置き方等、詰めていこうと思います。

今回は 前回の復習でマウントポジションの返し方とガードポジションの返し方、

そのあとに三角絞めの極め方と防ぎ方、

最後に自分のやりたい技の練習。

次回は『マウントポジションからの攻撃の仕方』を行う予定です。

お気軽にご参加ください。

スタジオJOH

体験・見学のお申し込みはこちら

コメントをする

内容をご確認の上、投稿してください。


*