殺陣とは


殺陣をやっているとよく質問されることがいくつかあります。

まず、「真剣を使うんですか?」

(使うかぁ!)

しかし大人なので

「模擬刀を使うんですよ。」と笑顔で答える。

次に、

「大城さんて さつじんやってるんですか?」

(やるかぁ!)

(たてと読むのじゃ!)

(そうなんです、つい先日も真剣でさつじんを・・って乗るかぁ!)

しかし大人なので

「さつじんと書いて たてと読むんですよ。」と笑顔で答える。

周りに殺陣をやっている方がいらっしゃらないようで興味を持っていただけるは嬉しいです。

ついでに、空手関係者に言われるのが

「空手衣を着て負けるのは良くない。」

私のYouTubeを見たようだが、

え・ん・ぎ!

助さん格さんは負けないの!

技を見せてるの!

ロープに振られたら戻ってくるの!

馬場さんが足を上げたら顔面を当てにいって倒れなければいけないの!

あと真面目な質問で剣道や居合いをされていた方から

「振り方が違いますがどちらが正しいのですか?」

どちらも正しいです。

刀を振るというのがベースにありますので同じものとして考えてしまうと思うのですが、全く別物として考えた方がいいと思います。

野球のピッチャーをやってた人がソフトボールのピッチャーをやることになってもボールは上から投げるのが正しいのか下から投げるのが正しいのか考えないと思う。

ルールが違うから。

野球の人とソフトの人がボールは上からか下からか議論しても結論は出ない。

ルールが違うから。

そこへサッカー部が来て 「ボールは足でしょ!」なんて言い出すとますます面倒くさくなってくる。

それぞれの良さがあってどちらも楽しい競技ですので自分に合う方を選べばいいと思います。

体験・見学のお申し込みはこちら

コメントをする

内容をご確認の上、投稿してください。


*