水戸黄門


あの「水戸黄門」の監督さんがワークショップを開催している事を知ってずっと行ってみたいと思っていたもののいつも土日開催のためずっと行けなかったのだが、一年待って遂に土曜日に休みの日ができたので行ってきました。 

役者の為のワークショップなのですが、実際にカメラを撮りながら行うということなので、監督がどんなカメラワークを使うのかを目の前で見たくて申し込みました。
なので演技は遠慮させていただいて、とにかくカメラワークを学ぼうと思っていました。 

当日、稽古場に入ると目の前に監督がいたのですぐに挨拶をして、
「カメラワークが見たくて申し込んだのでお芝居は遠慮させていただいてもよろしいでしょうか?」
と言うと了解してくれましたのでホッとしました。

駄目だと言われたら帰るつもりでいました。

暫くするとワークショップの主催者らしき方が入って来られたので、同じように芝居はやらないことを伝えると、

「大丈夫!やってみましょう!!」

何の根拠もなく、何の理解もない大丈夫。

「私は役者じゃないので芝居はできないです。」

「大丈夫! やってみましょう!!」

「やるつもりも無かったので台本も覚えてないです。」

「大丈夫! やってみましょう!!」

「カメラワークを勉強したいのですが・・」

「大丈夫! やってみましょう!!」

クルクルパーかこいつは。と思いました。

しかしその勢いに負けて、私もやってみることになりました。

板前さんがまな板の上で魚をさばきながら女将と会話をするシーン。
最初に読み合わせをしてすぐに男女二人前に出て演技スタート。

それにしても監督かなり口が悪い。

芝居の現場では普通の事かも知れないが、今の私の日常には無いことなので結構びっくりした。

みんな心を折られて舞台を降りていく。

「その人格を変えんとどうにもならん。」
というようなことを言った。

芝居ではなく本人の人格を完全否定した。

そして私の番がきた。

とりあえず読み合わせで必死に台詞を覚えただけだ。
何を言われるか分からない。

もうどうにでもなってくれ。

まな板の上のアユだ。

監督のスタートの合図で板前になり、ただ一生懸命台詞を言った。

最後まで何とかやりきり、カット!の声がかかった。

さあ罵声を浴びせてくれ!と思ったが、あまり酷いことを言われることもなかった。

これじゃブログのネタにならない。

実は主催者との「やりましょう!」「できません。」の押し問答の最中、自分のやりたくないという気持ちよりもその後の面白い展開を取ったのだった。

それからひたすら前に出て演技をして監督がダメ出しをしていくという流れで約5時間の稽古。多分みんな心の修業。

やっと終わって皆が着替えているなか、私は着物で来ていたので一人先に稽古場を後にすると、外に監督がいて何故か飲みに誘われた。

よく分からない流れであの水戸黄門の監督とご一緒できることになった。

今回は面白い展開とは違うが、私にとっては思ってもみない夢のような展開になった。
幸せです。

screenshot_2018-09-17-23-39-23

体験・見学のお申し込みはこちら

コメントをする

内容をご確認の上、投稿してください。


*