礼法稽古


江戸時代を体験したわけではないが、江戸時代の作法から段々変わってきている。

物を持つとき、右手は刀を抜けるようにということで今まで当たり前に左手で持っていたが、いつのまにか右手で持つということになっている。

意味が消えた。

江戸時代は物を左手で持っていて、明治になって女性の礼法ができた時女性は刀を差していないからということで女性は右手で持つということになって、平成になって今の時代は刀を指すことはないからどちらの手で持ってもいいということになって、平成の最後に右手で持つということになった。

次の時代は完全に女性の時代になるね。

体験・見学のお申し込みはこちら

コメントをする

内容をご確認の上、投稿してください。


*