続き


バレエを初めて1年位が過ぎたある日、当時の殺陣の先生に「知り合いがバレエの公演やるんだけどでてみるか?」と聞かれたので「はいお願いします。」と答えると、数日後バレエ団の方から電話がかかってきた。

出演にあたって幾つかお尋ねしたいことがあるのですがと前置きすると、

女性「バレエ歴はどれくらいですか?」
私    「5年位です。」
女性「・・・」

たった5年と思っているようだが実際は1年だ。

女性「何々できますか?」
私「はいできます。」

何かの技の名前をいっているようだが全くわからない。

女性「では何々はできますか?」
私「はいできます。」

これもわからない。

女性「ではお願い致します。」
私「はいよろしくお願い致します。」

ということで出演が決まった。

そのバレエ団はある地方の有名なバレエ団で今回の公演はプリマが2代目に代わる大切な公演なのだが、男性があまりいないため全国から踊れる男性を数人呼び寄せたらしい。

その中にバレエ歴1年の私がいた。

私も悪いが私の先生はもっと悪い。

公演の三週間前に集まって三日間で振りを覚えて一週間前に再び集まって稽古して本番を迎えるという日程である。

全ての交通費(飛行機)、宿泊費、稽古のギャラも出る。

そして全国から呼び寄せられた男性ダンサーとの初顔合わせ。

簡単に自己紹介をすると皆、劇団四季で踊ってましたとか、有名バレエ団で現役で踊っていますという方たちばかりだ。

そんななか私は近所のバレエ教室の名前を出した。

当然誰も知らない。

皆顔を見合わせている。

そこから私の長い苦しい芝居が始まった。

早速稽古が始まるということでウォーミングアップ。

男性ダンサーたちはピルエットを何回まわれるかという勝負をして楽しんでいる。

これがバレエのコミュニケーションの取り方なのか。

7回転8回転するとそのバレエ団の方たちから歓声が上がる。

コマのようだ。

ちなみに私は2回転がやっとだ。

見た感じ 今回出演のそのバレエ団約50名を含めた中で私が一番下手だ。

私はできる限り動かずひたすらストレッチをしていた。

続く。

続かないかもしれない。

体験・見学のお申し込みはこちら

コメントをする

内容をご確認の上、投稿してください。


*