茶々


礼法稽古は茶菓のいただき方。

お茶の作法も基本的には他の作法と一緒で相手に不愉快な思いをさせないようにというのが基本にあると思いますが、お茶の作法はそれを越えて独自の文化が花開いたと思いますので興味が尽きないです。

お茶を先にいただいたり、お菓子が先だったり、一緒だったり、それぞれの考え方と意味があって面白いです。

20170108_121416

体験・見学のお申し込みはこちら

コメントをする

内容をご確認の上、投稿してください。


*