逆に


今回は斬り上げの練習。

皆で行う練習では腰のことは意識せずに足、腕、刀で説明していますが長くやられていて、ある程度できる方には腰を使うことも話しています。

なかなか腰を意識できないのもありますし、腰を回そうと思うと体が回りすぎて斬り終わりの形が横を向いた形になってしまいますので腰のことを言わないのですが、長くやられている方でも腰を上手く使うのが難しそうでした。

斬り上げの腰の使い方は自分でもどうやっているか考えたことがなかったのですが、腰の回りすぎを修正するために無意識に逆腰を使っていました。

逆腰は空手の動きから取っていますので無意識に使っていたようです。

突きを出すときに腰を使って突きを出し、出したままだと体が不安定ですし、次の動きも出せないですし、相手の攻撃に対処もできないので出したら次に備えてすぐに腰を戻します。これが逆腰です。

皆が逆腰をできないなかで一人逆腰ができている子がいてびっくりしました。

子です。子供です。

以前に教えたかと聞くと教えていないし、本人は初心者向けに教えられたように足、腕、刀の順で振っているだけのようですが、無意識に逆腰を上手く使っていました。

恐ろしい。

2016-05-23 07.11.38

体験・見学のお申し込みはこちら

コメントをする

内容をご確認の上、投稿してください。


*