銭湯日和


近所に温泉銭湯があるもののなかなか行くことがなく今日で2度目だったのですが、初めて行ったときに脱衣所に注意書があって、浴槽にタオルを入れないとか、体を洗ってから浴槽に入りましょうとか、どこの銭湯にもある注意書きが並んだ中に「人の体をジロジロ見ないようにしましょう。」という注意書きがあって笑いました。

回りに人がいたため写真を撮れなかったのですが、今度誰もいない時がありましたら写真を撮りたいです。

それで、今日、いました、人の体をジロジロ見る人。

笑っている場合ではありませんでした。

自分の身にふりかかると。

私が座って体を洗っていると、斜め前から視線を感じて変な人だなと思ったのですが、私は何度もそういう人からアプローチされたことがあるのですぐにピンときました。

私が浴槽に入るとその人も浴槽に入ってきて私の斜め向かいに座りました。

暫くして私は浴槽を出て露天風呂がある二階へ行くと、間もなくその人も入ってきました。

私はすぐに出て一階へ戻り、横が壁で仕切られていて他から見えにくい浴槽の一番奥に入りました。

まもなくその人も降りてきてキョロキョロしています。

久し振りに銭湯に来たのに全然ゆっくりできませんでした。

その人自体はいいのですが、銭湯で人の体をジロジロ見るのは良くないと思う。

もうこの銭湯には来ないからほっとこうと思ったのですが、近くにある温泉で泉質も良かったのでやっぱりまた行きたいと思う。

もしかして私と同じようにもう行かないと思った人もいるかもしれない。

証拠がないし、カメラを付けてもらうわけにもいかない。
でも注意書きがあるということは過去にもそういうことがあったのだと思う。
今度会ったとき直接言ったほうがいいのか。
一番いい解決方法は何だろうか。

体験・見学のお申し込みはこちら

コメントをする

内容をご確認の上、投稿してください。


*