月別ページ:2016年3月

戸越空手

開講して1ヶ月程経ちますが、なんか子供たちがずっと緊張している気がする。

私の顔が怖いのだろうか。

以前は普通にしていても怒ってる?と聞かれることがよくあったが、この数年では一度しかない。

しかも稽古中は作り優し顔をしているので怖くないはずなのだが。

今回も基本稽古のあとに型稽古。

暫く小学生は10まで、幼稚園生は3までにして、形を綺麗にしていきたいと思います。

mig

アキレウス

先週に引き続き初めての方がいらっしゃいましたので本日の技連は『マウントポジションの返し方』と『アキレス腱固め』

マウントポジションの返し方は三脚の一脚をなくします。

アキレス腱固めはいろいろあります。

力の弱い人・体の小さい人か大きい人に勝てる体の使い方、技術を身に付ける稽古をしております。

お気軽にお越しください。

20160328_213840~2

□横浜市西区浜松町3-6 B1
□電話090-1739-7510

ファイト&フィットネスStudio JOH
http://studiojoh.com/

足斬り

今回は足斬りのリアクションの取り方。

膝の抜きを使いますのでいつものように達磨落としを例に出して説明。

達磨落としは一番下を払われると一瞬宙に浮いて落下しますが、上から押さえてつけて払った瞬間間がなく落ちるイメージです。

と説明したら、これもしかして人間でできるんじゃないかと思い、両肩を下に押してもらいながら膝を抜くいたら間がなく一気に落下することができました。

これをリアクションに使うとキレのある動きに見えます。

20160327_155630
昼稽古。

20160327_192515
夜稽古。

十文字

弦に矢をつがえたら少し緩くなっていたので仕掛けを作り直したら大分きつくなってしまった。

大丈夫だろうと思って引いたら矢が離れる瞬間引っ掛かる感じで微妙に狙いとずれる。全然当たらない。

指一本違う動きをすると違うところに飛んでいくし、今更ながらこの道具、繊細すぎる。

武器として使っていた頃はどうだったのだろう。

・右手の親指を返すと体が開く。

33604432

師弟

イベントでやりました抜刀納刀を忘れないように今回も復習。

私が教えた納刀を私よりも上手くやってしまう。

よくあることです。

因みに私は自分ができないことも教えています。

空手の子供たちに
「先生はできないけど、これできるようになると試合で勝ちやすくなるので頑張ってできてください。」
と言うと子供たちができることがよくありました。

普通は師が苦労して身に付けたことを弟子に教えるので当然弟子は師よりできるようにならないと思います。

『弟子は師の半芸に至らず』だと思います。

私の場合は師の元を離されたことが独自で技術を研究するきっかけになりましたので今思うと良かったです。

katana