下がり斬り


柳受けをしたあとは相手との距離が近くなりますので、それをどうするかといういい稽古になります。

柳受けをしながらできるだけ離れるようにしたいのですが、立回りの最中にどうしても近くなることはありますので、その時に足運びを上手く使いたいのともう一つ、下がりながら斬る技術を身に付けたいです。

これができると心配しながら窮屈に斬ることなく、思いきって伸び伸びと相手を斬ることができるようになります。

20160731_155537

20160731_192814

コメントをする

内容をご確認の上、投稿してください。


*