カテゴリ:弓稽古

弓稽古

・離れは下ではなく後ろ。
・下筋。

弓稽古

いつも皆で摺り足で足を合わせながら歩くのですが、前の人に全然合わせられない人がいます。

そういう時はその前の人に合わせるようにしています。

お相撲さんが立ち合いで息を合わせられなくて「待った」が多くなっていると言います。

息を合わせる、大切な武道の稽古。

・引き分け移行の巻き込みが初めて実感できた。
・外れる時は無意識に離す直前に緩んでいる。
・目付け意識。
・体が突っ込んでいた。

弓稽古

12月は稽古に行けなくて久し振りの稽古。

感覚は悪くなかった。

体育館の予約と重なって行けないときもあるがそれ以外は毎週参加しよう。

木曜日ここに来ると精神が整う。
だんだん崩れてきて水曜日は最も崩れる。
木曜日に再び整える。
それの繰り返し。
年単位で大分変わってくる。

・角見

20200110_121035

弓稽古

・左肩入れ

・下筋と角見

・右肘折り畳み

弓稽古

・左肩入れ
・引き分けで滑らさない


・目付位置を正しい位置から当てるためにずらさない。

・親指爪先に中指第一関節。

・人差し指は添えてるだけ。

・親指も前向きに真っ直ぐ

・手首曲げない、深く入りすぎない。

・矢が真っ直ぐの位置に体を合わせる。

・下筋平ら

1 2 3 4 5 6 27