カテゴリ:礼法稽古

礼法稽古

今回は羽織のたたみ方。

時々記憶違いが起こる。

着物のたたみ方の時もそうだったが、勝手にたたみやすいように変えてずっとそうしているうちにそう習ったと思ってしまう。

礼法稽古

今回は訪問の作法。

あまり早く来すぎないというのは日本では当たり前のことですが、全く気にしない地域もあるように思う。

相手が日本人だからか、欧米人は時間を気にするように思う。

時間前に来るか遅刻する。

早く着いても会場に入らず時間前まで近くの公園で過ごしているのをよく見かける。

あまり気にしない地域もあるように思う。

一時間以上前に入ってきたことが何度かあったが、ほぼ同じ地域の人たち。

私はスッピン状態。

着物への着替えがあるので遅れないで下さいと事前に伝えているので、更に早くも来ないで下さいと伝えると日本人はどんだけ細かいんだと思われそうだし、そうすると早く来すぎるし、自分が日本人で日本で生活できて本当に良かったと思う。

でも日本人は終わる時間を守らない。

仕事は勿論、何でも大体オーバーする。

私もそうだったが、サービス精神でもっと知ってほしいとかもっと楽しんでほしいと思うのだが、次があることもある。

時間通りでいいと思う。

あともう一つあった。

演劇の開始時間。

最初から5分押しの予定になってたりする。

あれは遅れてくる人を待ってあげるというサービス精神とはちょっと違うと思う。

そんな映画派の私。

礼法稽古

首の捻挫で休んでいたため久し振りの礼法稽古。

やっぱりこの時間を作ることが大切。

武家に戻った感覚になる。

まだ弓は引けそうにないが来週には復帰できる。

今回は行き逢いの作法。

袴をはくと多少雑に動いても目立たないためいつの間にか動きが雑になっていた。

美しく。

礼法稽古

今日は実際の食事。

いつも稽古場で稽古をするだけなので長くいてもお互いよく分からない人もいる。

ということもあって自己紹介を兼ねて一人ずつ挨拶。

いきなり私にきてびっくりした。

空手教室でいつも発生練習をしているのに声が小さくて反省。

皆がどんな思いで礼法稽古をしているのかを知れて良かった。

明治になったとき武家に伝わる礼法を将来のお母さんになる女子に伝えたいと思って女子にも教え始めたようです。

以前に小学生の礼法教室として学校と協力してやっていきたかったが結局できなかったようです。

子供は私がやっていきます。

70代の方が、人のことを考えない人たちを見ると礼法を学んでほしいと思うと嘆いていました。

私も同じような状況を見かけますが、大人は変わりません。

自分の事で一杯で何かをやってみようとすら思わないと思います。

それは結局自分に返ってくるということもずっと分からないのだと思います。

どんな環境で育っても大人になると自由になります。
自分の事は自分で決められます。
大人になって回りが悪いのは自分のせいです。

ただ子供はどうしようもありません。
子供に八つ当たりをする親でも育ててもらうしかありません。

子供は勝手に育つという親もいますが、あなたと同じ様になると思います。

いい親に育ててもらっている子供には武家の強さと礼法を教えていきたいし、そうではない親に育ててもらっている子供には大人になると何でも自分でできるという光を見せていたい。

礼法稽古

今回も一汁三菜の稽古。

一汁三菜に限らず、凄く動きにくいし理解できない作法がでてくる。
誰がどんな意味で作ったのだろうと思う。

誰に聞いても分からないし、文献も残されていない。

誰かが解明するか、分からなければ現代に合わせて分かりやすく変えてもいいのではないかと思う。

しかしそうなるとその時の先生がどんどん変えてどんどん元の形が変わっていく。

自分が理解できなくてもそのままにしてて、いつか理解できる先生がでてくるのを待つべき。

それが型の継承。

1 2 3 4 5 6 10