カテゴリ:ブログ

ありがとうございます。

ビエントさんで散髪。

の帰り道、駅まで歩いて改札の前でスイカの入っているカードケースを出そうとしたが無い。
鞄の中も道衣の中も全て探したけど無い。
クレジットカードも様々なカードも入っている。
落ち着いて探せば結局ポケットに入っていたというパターンだろうと思って落ち着いて探したが見つからない。

焦ってきた。

ビエントさんでクレジットカードを使ったので置き忘れたのかもしれない。
でも店を出たときにカードケースを持っていた記憶がある。
道に落としたに違いない。

あってくれと祈りながらが再び店の前まで戻ってきたが無い。
もしかして店に置き忘れたのかもしれないと思って確認したがやっぱり無い。

困った。

見落としたのかも知れないと思ってもう一度駅まで歩いていると、自転車に乗った女の人が私の前に止まり「すみません」と言った。

もしかしてカードケースを拾ってくれたのかと期待しながら「はい!」と言うと

「もしかして田中さんですか?」

違うわ!
何でこんな時に人違いされるんだ。
しかも田中さんて。
山本さんならまだ分かるがどう見ても私は田中さんに見えないだろ!

がっかりしながら歩いているとさっきの自転車レディーが再び私の前に止まった。

「大城さんですか?」

今度は私の名前を言った。

もしかしてやっぱりカードケースを拾ってくれたのか!?

「(カードケースを落とした)大城です!」

「カードケースを落としませんでしたか?」

私のカードケースを手に持っている!
良かった。焦った。助かった。
お礼を言って受け取った。

それは良かったが何で最初田中さんと言ったのだろうか?と思っていると、

「さっきまで田中さんと喋っていたのでつい田中さんて言ってしまったんです(笑)」

そんな事ってあるのか!
私は生まれて一度も無いけどそれ一般的に結構ある事なのか!?

いずれにしても良かったと思ってお礼を言っていると、実は拾ってくれたのはその方ではなくて、タイ人だったようです。

タイ人が拾ってくれて、日本語もあまり話せないし、これから仕事に行くとこだったのでたまたま通りがかったその方へ託したようです。

それならタイ人にもお礼を言わなければいけないと思ったのだが、その方もたまたま通りがかっただけなので連絡先も分からないようでした。

どうしようもないのでその場をあとにして、何かお礼ができないだろうかと考えていると、タイ料理を食べに行ってそれをお礼としようと思った。

因みに私はアジア料理があまり好きではない。辛いから。

ネットでタイ料理を調べたら近くにある。

店に入ると男性の店員さんが出迎えてくれた。
無意識にタイ人が出迎えてくれると思っていたのだろう日本人だったのでちょっとびっくりした。

席に着くと奥に女の人が見える。タイ人ぽい。
日本人だった。
店員さんは二人だけでタイ人はいないようだ。

お勧めのガパオライスを辛さ大分控え目にして頼んだ。
頼んで、一人でふーっと落ち着こうとしたら店員さんがまだいる。

?と店員さんを見ると
「何している人何ですか?」
と店員さんに言われた。

そうか、私は普通にしていたが道衣を着ているので変わった人に見えるのか。と思って
「さっきまでそこの体育館で外国人に刀を教えていたんです。」と言って一人で落ち着く雰囲気にしたが、まだいる。

かといって店員さんからは何も言わない。
黙って私が次の言葉を発するのを待っている。
あまり味わったことのない感じだ。
私はあまり話をする気はない。

が、負けてしまって、実は、とここに来た経緯を全部話した。
全部話すと笑顔で戻っていった。

暫くするとガパオライスが運ばれてきた。
食べると、美味しい。本当に。
アジア料理は辛くしなければ全て美味しいのではないか。

暫くするとまた店員さんが来た。
「どうですか?」
「美味しいですね。」

行ってくれない。
何も言わない。

負けてしまって
「この鶏肉柔らかくて弾力があって辛さも丁度良くて凄く美味しいです。」
「蒸しているのでこうなるんです。」
と言うと笑顔で戻っていった。

食べ終わってお会計を済ませて店を出て、店の前に止めていた自転車に乗ろうとすると、さっきの店員さんが目の前にいた。
ビクッとした。

何も言わない。

負けてしまって
私は鞄からカードケースを取り出して
「これを落として拾ってもらったんです。」と店員さんに見せた。
見せてどうするんだと思いながら。

「良かったですね。」と言ったあと今度は戻らない。

あの変な感じが癖になった。

という話。

2018-08-11-22-06-55byポーモンコン

礼法稽古

一汁三菜の稽古。

この稽古は食事の作法を学ぶのにとても良いのですが、なんせ足がきつい。

お客さん役になると一時間正座しっぱなし。

今回も一人お客さん役を決めることになって、先生が「お客さん役をなさりたい方はいらっしゃいますか?」と言うが勿論誰もいない。

因みにこの稽古に入ると人が減る。

「目の前で全部見れますので一番勉強になりますよ。」と言うがやはり誰も手を上げない。
勉強よりも足だ。

シーンとしているので「私がやります!」とノリ良く手を上げた。

そう、ダチョウ倶楽部を始めるように。

さあ誰か乗ってきてくれと思ったが、勿論そんな人はいない。

というわけで私がお客さん役に。

因みに順番を言うと、お茶、お菓子、吸い物善(お酒、お酒の肴)、本膳、二の膳、湯筒、お菓子、お茶の順番となります。

早速お客さん役になって正座をして時計を見ると7時5分。
8時に稽古が終るので55分間とにかくギブアップせずに最後までやろうと覚悟を決めた。

お茶が運ばれてきて飲んだ振り、お菓子が運ばれてきて食べた振りをする。
稽古なので中身はない。

二の膳が運ばれてきて時計を見ると30分位経過している。
順調に進んで足も大丈夫。
最後まで問題なさそうだと思ったが、ここから予想外の展開が始まった。

いつもご飯のお代わりもするのだが、新しく入ってずっと見学していた人が今日初めて実際にやってみることになった。

お代わりの入れ方は元々難しいのだが、この人全然できない。

最近私がブログで何度か見取り稽古の話をしていたにもかかわらず全然見取れていない。
1分で終るところが10分取った。
気持ちの動揺もあったのか一気に足にきた。

それでも何とかご飯のお代わりも終わって次は湯筒でその次はお菓子でお茶で終わりと思ったら、もう一人の見学の人に「汁のお代わりをやってみますか?」と言う。

ノーと言ってくれと思ったが勿論2つ返事。

その人も同じ。
私のブログを全然見ていない。
10分経過。

久し振りに脂汗が出てきた。

どうにか足の痛みを和らげようと微妙に持ち上げたりずらしたり伸ばしたりするが痛みと脂汗が止まらない。

それでもお味噌汁を飲む演技をしなければならない。
演技に集中できなくて監督にダメ出しされる。

そんな状況なのだが、食べている振りをしていたからかお腹が空いてきた。

足が痛くて脂汗を出しながらお腹も空いた。

初めての経験というか状況というか感覚というか。
この感情をカプセルに詰めて保存したい。
カプセルを渡してこの感情を誰かに体験してほしい。

もうとっくに約束の8時は過ぎている。

8時20分になってお茶を飲みほして、ようやく食事が終わった。

そして座布団から下りてお辞儀をして立ち上がる。

前回のお客さんは座布団から1歩も動けず苦痛の表情を浮かべていた。
それを見て皆で笑っていた。

今回は私の番だ。
ただ、足の傷みは凄いが動けそうな感覚がある。

座布団から下りてお辞儀をして立ち上がると左足が震えて力が入らなくなったので慌てて右足に力を入れると右足も震えて力が入らなくなった。
再び左足に力を入れると震えもおさまっていてちゃんと立てた。

一瞬のことだったので誰も気が付かなかったようですが、昔テレビで見たお葬式で引っくり返る状態が分かった。
立ち上がったあとに急に足の力が抜ける。

笑いは好きだが今回は笑いを取らずに良かった。

目の前で全部見れたがあまり記憶がない。

生徒さんの声

生徒さんの声を一件追加しました。

女性が通いやすい殺陣教室 !

健康筋トレ

先月整えていただいた体の点検と、何か面白い話が聞けるかもしれないと思って今日も整体へ行ってきました。

さっそく私の体をじっとみて暫く目を閉じたあと、
「あなた基本トレーニングしてる?」
と聞かれました。

いえ、特にしてませんけど。
と答えると、

「それはダメだよ、神田うのさんだってレッスンの前に1時間腹筋したり背筋したりトレーニングしてるのよ。」
と言われました。

何で突然神田うのさんが出てきたのかが分からない。
年齢も性別も出身地も多分趣味も好きな食べ物も将来の夢も違う。

さっき神田うのさんが来ていたのだろうか、テレビで見ていたのだろうか。

よく分からないがとにかく筋トレをしなさいということです。

学生時代はよくやっていましたが今は殆どやっていません。

私は殆ど毎日運動していますし、柔術、空手もやっていて鍛えているように見えるからか、時々体を触っていいですか?と言われることがあります。

いいですよと答えるのですが、触ると皆びっくりします。

ぜんぜん筋肉がないのです。

微妙な空気になります。

「すごーい!」と言う準備をしていたと思うのですが、何の言葉も出なくなります。

そういうときは困るのですは、何で筋肉が無いかというと20年、30年後も若い人に勝てるように考えています。

筋力とスピードは落ちてくるので今から無いものとして動いています。
そう考えて動いているうちにどんどん筋肉が落ちてきました。

そういう訳なのですが、健康維持と姿勢維持の為には筋トレも必要ということなのでこれからやっていきたいと思います。

修行

以前に書いたことがありますが、よく見知らぬ人に道を聞かれたり電車の行き先を聞かれます。

今日のパソコン教室の帰り道、自転車に乗らずに押して歩いていたら、お婆さんに「ペットボトルの蓋開けてくれる?」と言われました。

他にも沢山歩いている人がいるのに両手がふさがっている私に頼むのです。

「年取ると力が無くなってね~」なんて言っていたので、ペットボトルの会社はお年寄りにも開けやすいペットボトルを作ればいいのにと思いました。

あと、その時は気が付かなかったのですが、そのお婆さんは自分でペットボトルが開けられないと分かっていてペットボトルを買ったのだろうか?

2・3日前にも変わった人に声をかけられました。

侍体験のゲストをランチのお店に案内した帰り道、(あの店員さんは美人だけど苦労が顔に出てるなぁ)なんてことを思いながら歩いていると、見知らぬ男が私に近づいてきて突然「何でもいいのでこれと何かを交換してくれませんか?」とただのビニール袋を見せらました。

あぶない人だと思ったのですが、どうやら「わらしべ長者」をやっているようです。

テレビの企画でも無いようですし、何でこんなことをしているのですか?と聞くとその人は「修行です。」と真剣な顔で答えました。

確かに修行になると思いました。

滝に打たれるより、冬の海で空手をやるより修行になる。

たぶんその人は人に話しかける修行をしていたのだと思います。

人に話しかけることができる人は今度は人間関係を良くすることが修行になると思います。
そしてこれが最大の修行になると思います。

人に会ったら挨拶をする、人のことを悪く言わない、暗い気持ちを出して回りを暗くしない。

寺に込もって断食をするより人に会って明るい言葉をかける方が修行になる。

1 2 3 4 5 6 81