コラム:殺陣コラム

脇差と短刀の違い

長さが違います。 脇差は一尺(30.3センチ)以上二尺未満のもので刀と同じく腰にさします。大小二本差しの小の方です。 短刀は一尺未満のもので、戦国時代に使われた鎧の隙間から刺す用途の鎧通しや、江戸時代の懐に忍ばせた護身用の懐剣などがあります。

太刀と刀の違い

太刀は平安時代後期から室町時代初期まで、馬上で片手で戦う武器として使われた刀剣です。 刃を下にして腰に吊るすことで、馬に乗りやすく、馬腹に太刀が当たりにくく、片手でも抜きやすくなっております。 刀は室町時代中期から江戸時代末期まで、陸上で両手で戦う武器として使われた刀剣です。 刃を上にして腰にさし、太刀と比べて反りが低く刃長が短くなりました。

殺陣の名前の由来・漢字の由来

名前の由来は諸説ありますが、歌舞伎の「立ち回り」から「たて」と呼ばれるようになったという説が有力です。 漢字の由来は芝居のタイトルに「殺人」を付けたが、それはあまりにもということで人の字を陣に変えて「殺陣」にしたのが最初といわれて おります。 読み方はそのまま「さつじん」だったようですが、後に読み方を「たて」としたようです。