妹の家に行ってきました。


妹の家に行ってきましたブログを書くのは久しぶりですが、ずっと時々行っていました。

いつも何語か分からないメールが来ます。

「しょーがちぬーそーがー?」

「三が日は予定が入ってて、4日は弓道の稽古で、5から仕事です。」

「8日やしみやみ?やしみやれー8日ちゃーやが?」

「8日も仕事だけど、17時頃なら大丈夫です。」

こんな感じ。

ということで8日に行ってきました。

妹の子供がいるのでいつもお土産を持って行っていましたが、アンパンマンを持っていくと、もうアンパンマンは卒業して今はプリキュアと言われ、プリキュアを持っていくと今はもう何だと言われ、全く分からないので最近はお金をあげています。

で、いつの間にかもう5年生。

こないだは正月ということもあって、お年玉袋であげた。

「ありがとう。」と言って受け取った瞬間中を見た。

どんな子供だ。
親の顔が見たい。
見ると同じ顔をしている。

ちなみに1万円入っている。

中を見て、「よし。」という顔をした。

「よし、おまえは合格だ。」という顔をした。

私が年貢を納めた感じになってる。

爺ちゃん婆ちゃんからも一万円入っていたので、当然お前も一万円だろうなという顔をしていた。

そしてお年玉袋をテーブルの上に雑に投げ捨てると、押し入れから一枚の絵を持ってきた。

夏休みの絵が何かの賞を取ったらしい。

この絵は確かに上手かった。

この絵を褒めると、今度は押し入れから大量の絵を持ってきた。

3歳くらいから今まで描いた絵を全部持ってきた。

多分私がいつも何でも褒めるから、大量に持ってきた。

これ全部褒めさせる気か。

全部褒めた。

一枚一枚私は全部褒めた。

良いところを探して、褒めが重ならないように言葉を色々探して、3.40枚の絵を全部褒めた。

自分を褒めたい。

気分が良くなった子供は、

「あゆむ、私の部屋を見て!」と言った。

最近自分の部屋を持てたので自分の部屋を見せたいようだ。

「あゆむ、入って!」と言われて入ると、

散らかっている。

最近自分の部屋をもらった5年生の女の子なのに、もう散らかっている。

思ってもいない状況にすぐに言葉が出なかったが、考えて考えて「インテリアがオシャレだね。」と言った。

子供は喜んであれこれ説明してくれた。

無事にきり抜けてリビングに戻ると、今度は「あゆむ、相撲しよう!」と言ってきた。

私が来るたびに相撲しようと言ってくるが、私は一度も負けたことがない。

子供相手に私は負けてやらない。

空手の子にも私は絶対負けない。

しかし、一度だけ子供に負けたことがある。

殺陣教室に1年生の天才の子がいて、スポーツチャンバラの刀で勝負をしたら負けてしまった。

対戦前に「負けるの嫌いだから子供にも本気でやるよ。」と言って本気でやったのだが、本当に負けてしまった。

本気だったが、どこかで油断していたのかもしれない。

次の週、もう一度勝負してくれと言って完璧に勝った。
もう二度と私に勝負しようと言わなくなるくらい完璧に勝った。
二回とも私の方から勝負しようと言ったのだが。

ということで相撲も約10年私が勝ち続けている。

勿論今回も負けるつもりはない。

そして速攻で勝った。

楽しませない。

速攻で勝つ。

いつも5回か6回位でやめるが、今回は負けても負けてもやめない。

十数回相撲を取ってると疲れてくるし、飽きてくる。

一場所分取ってる。

以前、エンドレスかくれんぼの鬼をやらされたことを思い出した。

わざとらしく「どこだ~、どこだ~」なんて言ってた自分が恥ずかしい。

私は大人が「いないいないばあ~!」とかやってる姿をみるのが苦手だ。

大人なのに変な顔をしてると思ってしまう。

とか考えて、集中力も気力も無くなっていると、つい押し出されて負けてしまった。

もの凄く喜んでいる。

ちょっと悔しいけどもうこれでいい。

もう勝ったから次回から相撲取ろうなんて言わなくなるだろ。

体験・見学のお申し込みはこちら

コメントをする

内容をご確認の上、投稿してください。


*

error: Content is protected !!