スローモーション


今回は右の柳受けの稽古。

刀の動きが左の柳受けより一動作増えて1・2の動きになりますが、刀の軸を使うと一動作で動くことができます。

最初はとにかく形。

長い間いろいろ教えていると、この人は上手くなる・ならないが分かってきますが、形を気にしない人で上手くなった人は一人も見たことがありません。

ある程度人より動ける人は最初からある程度動けて最後まである程度で終わってしまいます。

私がよく言うことにスローモーションで動くということがあります。

まずスローモーションで動きます。

そうすると体のいろいろなところを意識できます。

その感覚を持ったままだんだんスピードを上げていきます。

どこかで体に意識が追いつかず雑になってしまうところがでてきます。

そこは自分の範囲を越えたところです。

体まかせに動かず、自分の体をコントロールして動ける範囲を広げていく稽古をすると、綺麗に速く動けるようになります。

20160710_155219

2016-07-11 08.38.41

体験・見学のお申し込みはこちら

コメントをする

内容をご確認の上、投稿してください。


*