デロリアン


本日は埼玉県の護国神社にて奉納式。

奉納式を当時の格好で行うと当時の武家の気持ちに近づける気がします。

本当にこの小笠原流に出会えたことには神様に感謝です。

将軍家の指南役で、武家の礼法を作った流派が今でもそのまま残されていることを知ったときは衝撃でした。

細かく覚えることもありますが、相手に嫌な思いをさせないということが基本にあり、武道の原点というか、人としての大切なことを最初に形にしたのではないかと思います。

また、時代物をやるときにもとても助かります。

時代物をやっていても人によって所作がまちまちで、自分のとこが正しいという人が多くて困ったりするのですが、「それ、うちが作ったんです。」と言えば何も言えないと思います。

時代物では他に新蔭流を学びたいと思います。

いろんな流派があり、更に三大流派、四大流派と言われますが、将軍家の指南役だった流派を学びたい気持ちがあります。

言語で言うと英語を学ぶような。

日本が好きで日本語は世界で最も素晴らしい言葉なんじゃないかと思っていますが、世界の標準語となる英語を身に付ければ世界で通じるというような。

武家の日常生活のベースとなる小笠原流の礼法と新蔭流の剣術を身に付けていれば万が一タイムスリップして江戸に行くことがあっても生活していけるんじゃないかと思う。

体験・見学のお申し込みはこちら

コメントをする

内容をご確認の上、投稿してください。


*