マイクロフォン


音明かりの確認のためきゅりあんのスタッフさんと打ち合わせ。

いろいろ案が出た末にピンマイク4本に変更。

以前にも書きましたが最初に決まった予算内で行わなければいけないらしく自分でお金を出してマイクを借りることができない。

11名の出演者で4名しかマイクが使えないとなると、結局台詞を言うためにマイクを付けている人に近づいて台詞を言わなければいけないのだが、そこは役者の巧い動きでどうにかなりそうだ。

生でたくさんの人の前で芝居をすることは本当に緊張するし、長台詞で台詞が飛んだらどうしようと考えるし、センスもないし、もう役者は辞めようと思ったのだが、裏方の仕事はまた違う問題が次々やってくるし、どの仕事もそうだと思いますが、タフじゃないとやっていけない。

o0600048012370115470

コメントをする

内容をご確認の上、投稿してください。


*