因果


今回の立ち回り講習は「カラミ役の刀の使い方について」

お芝居として安全に、相手が受けやすく、かつ本当に斬りにいっているように見せる技術です。

後半はその技術を使って実際に立ち回りを行います。

今までの自分のやり方で立ち回りを行うのではなく、今日やったことをすぐに立ち回りにいかせるかということが上達の鍵になります。

ちなみに先日、全く初めての人に立ち回りをさせたらどうなるのだろうと思い、斬り方も受け方も何にも分からない状態で立ち回りに参加していただきました。

間違えて人の顔に当てたり、怪我をさせてしまう可能性があるので、生徒さんには芯をさせられませんので私が芯をしましたら案の定顔に当てられ、ぷくっと腫れてしまいました。

ルールを知っていないとそんな動きをするのかと大変勉強になりました。

これは極端な例だと思いますが、細かいルールや怪我の防ぎ方を指導者が教えられないと怪我は当たり前に起こるのだなと確認することができました。

20160802_200447

コメントをする

内容をご確認の上、投稿してください。


*