崩し着


新しく入会された方がすぐ稽古衣を購入されました。

芸事の世界で生きている方なので服装の大切さが分かっているのだと思います。

昨年も書いたと思いますが、今年も例外がありませんでしたので改めて書いてみます。

10年以上教える仕事をしていますが、服装をちゃんとしていなくて上手くなった人は一人もいません。

空手教室は空手衣だけですので空手衣を着るか運動着を着るかなのですが、運動着を着ている間は上手くなるスピードが遅いです。
空手衣を着るようになるとどんどん上手くなっていくのであまり問題ありません。

問題となるのは親御さんが何処かで買ってきた空手衣を子供に着せることです。
その子は何故かあまり上手くなりません。
勿論私は同じように接しています。
皆と違う物を身にまとっていることで目に見えない何かが影響しているのだろうか。
和事にはそういうものがあるのかもしれません。

次に殺陣教室。
殺陣は服装が様々なので本人の気持ちが現れやすいと思います。

居合衣に袴、この当たり前の服装にしていると当たり前に上手くなります。

うちの教室にはいないのですが、Tシャツに袴を履く人がいます。
今で言うとに白いランニングにスラックスを履くようなものです。

初心者にはあまりいなくて、わりと長くやっている人にいるのですが、長くやっているのでとりあえずの事はできますが、とにかく動きが雑です。
今のところ私が会った人は全員です。
こっちが綺麗な動きを教えると真似してそうしようとするのですが、どうしてもできません。
結局自分が動きやすい元の動きに戻ってしまいます。

服装に影響されるというのもありますが、元々そういう性格な人はそういう服装を好むのだと思います。
そういう性格でそういう格好で動きだけ綺麗にする事はできないと思います。

ただ元々そういう性格な人でも綺麗な服装をして3年頑張れば綺麗に動けるようになると思います。

空手教室と同じく運動着の人は上手くなるスピードが遅いだけですので問題ありません。

あの人は上手いとか綺麗とか、だんだん見えてくると思いますが、服装まで見ると参考になると思います。

着物を着る人とよく話すのが、崩しはどこまでOKか。

着物を正式に着ると夏は暑くて冬は寒いです。

肌着、襦袢、長着を着ると夏場はとても暑いです。

夏場は肌着無しで構わないと思います。

私は角帯ではなく武道帯にします。
角帯を武道帯にするだけでも全然違います。

一番暑いときは襦袢を着なくてもいい夏用の弓道衣を着ます。

冬場はマフラー無しではとても寒いです。

更にタイツ、アームウォーマー、コートを着ます。

このように私も崩して着ますが、どこまでが許容範囲という決まりは無いのでその人に美意識によると思います。

私的には和服風Tシャツは△、秋冬に下駄はNG、着物にチャンピオンベルトはOKです。

体験・見学のお申し込みはこちら

コメントをする

内容をご確認の上、投稿してください。


*