服も自分


本日から空手衣を着て稽古です。

服装が気持ちに与える影響は大きいですので何かをやるときその格好をするというのは必要なことだと思います。

気の弱い人が警備員の服を着たら強くなるような、虫も殺せない人が看護師の服を着たら何でもできるような、
それと同じで空手衣を着たら空手家の気持ちになります。

普段の自分が道場に来て空手の稽古をやるのと空手家として空手の稽古をするのでは上達の度合いも気持ちの成長も全然違ってきますので服というのは凄く大切だと思います。

また、ちゃんと着るということも大切になります。

服装を含めてその人と見られます。

だらしなく着ているとだらしない人に見られます。

勿論普段の服装も同じです。

中身が大切なので外見はどうでもいいなんて言っても、そんな人の中身は誰も見てくれません。

2016-06-23 18.41.32

体験・見学のお申し込みはこちら

コメントをする

内容をご確認の上、投稿してください。


*