柳受け


今回は柳受けの稽古。

立ち回りでよく使う技の一つですので上手くできるようにしたいです。

いくつか気を付けることがありますが、まず怪我防止。

柳受けは結構体に当たります。

原因は腕と刀の位置関係です。

毎回自分も相手も正確にできるわけではないので、腕と刀の距離が近いとどうしても腕に当たることがあります。

ですので腕と刀を離すようにします。

受けずに袈裟斬りにいく途中で柳受けの形を通っているという感覚にすると袈裟斬りまでスムーズにいき、更に怪我も防げます。

20160626_155846

20160626_192502

体験・見学のお申し込みはこちら

コメントをする

内容をご確認の上、投稿してください。


*