無趣味


元々趣味で行っていたものを仕事にしているので、基本的に今でも楽しい感覚で仕事をしているのですが、最近は何か仕事の感覚になっていた気がします。

最初に沖縄空手古武道を始めて、1・2年して空手は防御が弱いと思い、防御を身に付ける為にボクシングを始めました。

それから暫くするとアルティメット大会が開催され、いわゆる最初の総合格闘技の大会で、打撃の選手が次々と柔術の選手に負けていくのを目の当たりにして、打撃より寝技の方が強いと思い、柔術を始めました。
空手、ボクシングも平行して行っていました。

上京してからは格闘技は辞めて、殺陣と出会いました。

実際に強い弱いではなく見た目も大切なので、綺麗な殺陣の為には何が必要だろうと考え、1年後日本舞踊も習い始め、更に1年後バレエを習い始めました。

その後、沖縄空手とは違う今の空手を始め、更に相撲を始めました。

バレエの帰りに相撲に行くというちょっと面白い生活をしていました。

暫くして今の古武道と出会い、空手、相撲、バレエ、日本舞踊、古武道を同時期に稽古していたので、それらが上手く合わさって今の殺陣が生まれた気がします。

当時は求めて出会ったものをやっているだけで、仕事の感覚が全くありませんでした。

学生時代も会社勤めしていた時も、休みの日はマリンスポーツしたりバーベキューしたり、釣りしたり、海シーズンが終っても冬の海に行ったり、いつも皆で出掛けたり、勿論運動は続けていて、あんた多趣味だねとよく言われたのですが、

最近は趣味で行っていたことが仕事になり、仕事に関係ないことはしなくなり、更に仕事に関わるからと書道を始めようかと考えたり、お茶を始めようかと考えたりしていました。

たまたま好きなことを追及してきたお陰でここまでこれたのであって、不器用で物覚えの悪い私が仕事のためだからといって、それらを始めてもできるようになるわけがありません。

そんなことに自粛中気が付きました。

これからも魂に任せて好きなことを追及していこうと思います。
殺陣剣術が好きですし、子供に武道を教えるのが好きです。
ラッキーな事に人を喜ばせることが好きです。

ということで趣味が仕事になったお陰で無趣味になってしまいました。

あんなに毎日泡盛を飲んでキリギリスみたいな生活をしていたのに、今はお酒を飲むどころか稽古以外で外に出るのもあまり好きではありません。

ということで何か仕事と関係ないことを始めたいですね。
料理とかテニスとかブレイクダンスとか。

体験・見学のお申し込みはこちら

コメントをする

内容をご確認の上、投稿してください。


*