感謝


子供たちの空手の大会でした。

集大成と考えておりましたので多くの子供たちが力を出せて良かったです。

空手の指導を初めたとき先生が子供を子供扱いで稽古中にお喋りをしても子供だからという雰囲気があったり、試合に勝てばいいという雰囲気だったりで、これをまずは変えたいと思いやってきました。

お喋りは許さない、必ず挨拶する、黙想でじっとする、相手の事を考える、何のために空手をやっているか事あるごとに確認する、ということを稽古時間を裂いてでも徹底しました。

そうすると必然的に稽古の時間が取れなくなってしまいますので大会でも勝てず批判されることもありましたが、人として良くなれば必ず成績も付いてくると、回りと衝突してでも自分のやり方を貫き通してきましたので今回の結果は本当に子供たちにありがとうという気持ちで一杯です。

他にメダルを取って写せなかった子供もたくさんいます。

1位2位3位独占の学年が2学年ありました。

ベスト8の賞状をもらった子まで合わせるとすごい人数になります。

最高の誕生日プレゼントをありがとう。

大会が終わるまでは余計な気を使わせないようにとまだ伝えていない教室もありますが、3月までで全ての教室の指導を終えさせていただきます。

長く頑張っていた子にメダルを取らせられなかったことに悔いが残ります。

それでも、どこよりも強くて思いやりのある子供たちになっていると思いますので私の自慢になりました。

子供たちのお陰で本当に成長させていただくことができました。

まずは自分からと、この数年何が正しいかを判断基準にしていましたが、子供たちの指導も終えますので今後は何が楽しいかを判断基準にして生きていこうと思います。

子供たち ありがとう。

体験・見学のお申し込みはこちら

コメントをする

内容をご確認の上、投稿してください。


*